Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく位相限定相関(POC)をキーワードでブログにいらっしゃる方がいるのと、
自分のためにまとめておきます。


理論
位相限定相関法についての求め方を書いてあります。

また、4ではOpenCVで実装されているものの紹介。
5では従来の手法では検出できない回転に対して検出するための前処理であるLog-Polar変換を書いております。

  1. 位相画像
  2. 位相限定相関法(POC)
  3. 位相限定相関(POC)でサブピクセル精度を求める方法
  4. 位相限定相関(POC)がOpenCVで実装されている
  5. Log-Polar変換を画像に適用



OpenCvSharp
OpenCvSharpで実装してみたものです。。。があまり自信はありません。
  1. 位相画像をC#とOpenCVSharpで実装
  2. 位相限定相関法(POC)をOpenCVSharpで



画像補間について
回転がされている場合でも検出できるようにLog-Polar変換の時に必要であったため記載したものです。
ですが、有名な補間手法なので画像の回転・拡大・縮小に使えます。

  1. 画像を回転させる際の画素を補間するコード
  2. 回転した画像をLanczos補間する
  3. 回転した画像をバイキュービック補間する
  4. 回転した画像をバイリニア補間する
  5. 画像を回転させる



何か進展があればまた追記していきます。


スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

Author:詠み人知らず
プログラム好きな名もなき凡人がお送りしています。(得意とは言っていない
最近の興味はPython、C#、Matlab(Octave)、画像処理、AR(拡張現実)、統計などなど・・・

気分で思いついたことを書くため話題に一貫性がないかもしれません。

カレンダー
03 | 2013/04 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
タグクラウドとサーチ

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。