上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいぶ更新があいたのですが、以前やったK-Meansを適用した画像をプロットしてみようと思い立ったので。

まず、元画像のグラフですが





もちろんまんべんなく色んな座標の画像を含んでいます。

以下に各クラスター数での画像とグラフを列挙していきます。

クラスター数:5



cluster5.jpg

pl5.png

クラスター数:10



cluster10.jpg

pl10.png

クラスター数:15



cluster15.jpg

pl15.png



思った通り、散らばっていた画素がクラスターの重心の画素値として置き換えられていることを確認。

おそらくヒストグラムを計測しても同じ結果となると思います。 クラスター数10と15の時だけ、クラスターの数が一つ足りない・・・
どこかにバグがあるかもしれないです・・・(汗

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:詠み人知らず
プログラム好きな名もなき凡人がお送りしています。(得意とは言っていない
最近の興味はPython、C#、Matlab(Octave)、画像処理、AR(拡張現実)、統計などなど・・・

気分で思いついたことを書くため話題に一貫性がないかもしれません。

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
タグクラウドとサーチ

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。