上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IplImage()やCv.CreateImage()で使うEnum等がいまいち覚えられなくて、
その都度調べているという状態がもったいないのでまとめてみました。

とりあえず、今回はLoadModeとBitDepthについて簡単にまとめてみました。

LoadMode

IplImage()の第2引数等で使用するLoadModeについてまとめたのが以下の表です。
実際に定義されているソースはhttp://opencvsharp.googlecode.com/svn/trunk/2.4/OpenCvSharp/Src/Enum/LoadMode.csになります。



OpenCV
OpenCVSharp
備考
CV_LOAD_IMAGE_UNCHANGED
LoadMode.Unchanged
-1
CV_LOAD_IMAGE_GRAYSCALE
LoadMode.GrayScale
0
CV_LOAD_IMAGE_COLOR
LoadMode.Color
1
CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH
LoadMode.AnyDepth
2
CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR
LoadMode.AnyColor
4



BitDepth

Cv.CreateImage()等の第2引数で使用する、BitDepthについてOpenCVとOpenCVSharpの差異についてまとめたものが以下です。
実際に定義されているソースがhttp://opencvsharp.googlecode.com/svn/trunk/2.4/OpenCvSharp/Src/Enum/BitDepth.csになります。



OpenCV
OpenCVSharp
備考
IPL_DEPTH_1U
BitDepth.U1
2値画像
IPL_DEPTH_8U
BitDepth.U8
通常のグレースケール画像
IPL_DEPTH_16U
BitDepth.U16
単精度画像
IPL_DEPTH_32F
BitDepth.F32
倍精度画像
IPL_DEPTH_8S BitDepth.S8
符号付きグレースケール画像
IPL_DEPTH_16S
BitDepth.S16 符号付き単精度画像
IPL_DEPTH_32S
BitDepth.S32 符号付き倍精度画像


自分のメモ程度ですが、今後必要になればまた作成しようと思います。

※数年ぶりにtableのhtmlを書いたらすっかり忘れています・・・汗
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:詠み人知らず
プログラム好きな名もなき凡人がお送りしています。(得意とは言っていない
最近の興味はPython、C#、Matlab(Octave)、画像処理、AR(拡張現実)、統計などなど・・・

気分で思いついたことを書くため話題に一貫性がないかもしれません。

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
タグクラウドとサーチ

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。