C#にはどうやら音声ファイルを簡単に読み込む手段がないようで、
じゃあPythonに任せればいいのでは?


。。。ということで今回は、C#とIronPythonで音声ファイルのデータを読み込みます。


Pythonの音声ファイルの取得はこちらを参考にしました。
漫ろ草 SozoroGusa: pythonでwaveファイル(2)



ソース

C#側
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Collections;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
using IronPython.Hosting;           // for IronPython
using Microsoft.Scripting.Hosting;  // for IronPython

namespace LoadWave
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void 開くOToolStripMenuItem_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            //「ファイルの種類」を設定
            openFileDialog1.Filter = "音声ファイル(WAV)|*.wav;|すべてのファイル(*.*)|*.*";
            if (openFileDialog1.ShowDialog() == DialogResult.OK)
            {
                // Scipyを起動するためのオプション設定
                var options = new Dictionary();
                options["Frames"] = true;
                options["FullFrames"] = true;

                ScriptEngine engine = Python.CreateEngine(options);

                ScriptSource script = engine.CreateScriptSourceFromFile("sample.py");
                ScriptScope scope = engine.CreateScope();
                
                // 選択したwavファイルをPythonに渡す値として設定
                scope.SetVariable("filename", openFileDialog1.FileName);

                // IronPythonを実行
                script.Execute(scope);

                // 処理した音声データを取得
                var audio = scope.GetVariable("audio");
            }
        }
    }
}



C#のopenFileDialogで、選択した音声ファイルをIronPythonに渡してfilenameという変数で使用しています。
// 選択したwavファイルをPythonに渡す値として設定
scope.SetVariable("filename", openFileDialog1.FileName);



IronPythonで取得した音声データ(audio)をC#側に返しています。
// 処理した音声データを取得
var audio = scope.GetVariable("audio");



IronPython側
#-*- coding: utf-8 -*-
import sys
sys.path.append(r'C:\Program Files\IronPython 2.7')
sys.path.append(r'C:\Program Files\IronPython 2.7\DLLs')
sys.path.append(r'C:\Program Files\IronPython 2.7\Lib')
sys.path.append(r'C:\Program Files\IronPython 2.7\Lib\site-packages')

import clr
clr.AddReference('mtrand.dll')

import wave
import struct

wf = wave.open(filename, "rb")

#オーディオチャンネル数(モノラルなら1、ステレオなら2)
nchannels=wf.getnchannels()
#サンプルサイズ(バイト)
sampwidth=wf.getsampwidth()
#サンプリングレート
framerate=wf.getframerate()
#オーディオフレーム数
nframes=wf.getnframes()
#オーディオフレーム(リストオブジェクト)
frames=wf.readframes(nframes)
wf.close()

audio = struct.unpack("%dh" %nframes*nchannels, frames)



C#で配列を受け取る際にどのようにすればいいのか、特に記載はなかったのですが。
上記のようで問題ないようです。



ちなみに、正弦波の音声データを読み込んで、取得したデータを表示したものが下記のグラフです。

sin.png


Related Entries
Comments
Post a comment
Contributor
Comment
Trackbacks URL
URL
Permalink
Trackbacks
FC2カウンター
プロフィール

詠み人知らず

Author:詠み人知らず
プログラム好きな名もなき凡人がお送りしています。(得意とは言っていない
最近の興味はPython、C#、Matlab(Octave)、画像処理、AR(拡張現実)、統計などなど・・・

気分で思いついたことを書くため話題に一貫性がないかもしれません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
タグクラウドとサーチ

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ