上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
C#でコンボボックスを使ったので、忘れそうなことをメモ


初期位置の設定

何も設定しておかないとコンボボックスに選択されていない状態になるので、 以下のようにして、初期位置を設定しておきます。
// コンボボックスの初期位置
comboBox1.SelectedIndex = 4;
ちなみに、これで初期位置が5番目の要素になります。

選択位置・要素の取得

もちろん、コンボボックスで何が選択されているか必要な場合があります。
int index = comboBox1.SelectedIndex;
string Text = comboBox1.Items[index].ToString();
お分かりのように、
comboBox1.SelectedIndexで何番目が選択されているかが取得でき、
comboBox1.Items[index].ToString()で選択されているアイテムを文字列にして取得してます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:詠み人知らず
プログラム好きな名もなき凡人がお送りしています。(得意とは言っていない
最近の興味はPython、C#、Matlab(Octave)、画像処理、AR(拡張現実)、統計などなど・・・

気分で思いついたことを書くため話題に一貫性がないかもしれません。

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
タグクラウドとサーチ

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。